gitコマンドお勉強メモ

いつでもどこでもプロジェクトをcloneできるgit、手軽にバージョンの管理ができるgit。もはやgitの使い方わからなければ生きていられないと感じたので、自分用にメモしておきます。

サーバー上のrepositoryをローカルにcloneする

まずGitHub上で公開repositoryを作って、そのURLを https://github.com/owner203/hello-world とします。それからrepositoryをローカルにcloneします。

git clone https://github.com/owner203/hello-world

ローカルでの作業

既存ファイルの編集は通常通りで行います。

新規でファイルを作った場合はそのファイルをindexに追加します。

git add sample1.txt  #特定のファイルを追加する
git add .  #全てのファイルを追加

編集がある程度落ち着いて、変更をcommit(確定)します。

git commit -m "コメントメッセージ"

状態を確認したいときはstatusで確認します。

git status

ローカルの変更をサーバーにpushする

ここではデフォルトのbranch、つまりmasterを使ってpushします。

git push origin master

サーバー上の変更をローカルにpullする

サーバー上に変更があった場合はそれをローカルにpullします。同じくとりあえずmaster branchを使います。

git pull origin master

ローカルでrepositoryを作成する場合

もしローカルでrepositoryのフォルダを作る場合は、任意のフォルダで初期化します。

cd hello-world
git init

サーバー上のrepositoryと同期したいときはremote repositoryのURLを追加します。

git remote add origin https://github.com/owner203/hello-world

コメントを残す