Ubuntuで仮想通貨KOTOをマイニングする

owner203は仮想通貨(今は暗号資産に名前が変わったけど)の信者です。投機のためではなく、仮想通貨を未来の通貨として見て、世の中で普及してもらいたいです。最近では連続的な取引所での仮想通貨流出被害があって、風評被害を受けて仮想通貨市場全体が急落していましたが、でもこれは一時的なことだと信じています。

仮想通貨の投資やマイニングは基本的に早い者勝ちなので、今は赤字でも、いつかは値段急騰かもしれないです。使わないサーバーリソースは勿体無いので、UbuntuサーバーでちょくちょくKOTOのマイニングをやっています。KOTOをもっと知りたい人は是非KOTO公式Wikiへどうぞ。

KOTO LOGO FRONT
KOTO LOGO REAR

KOTOウォレットの用意

まずはマイニング報酬を受け取るためにウォレットアドレスを用意しましょう。

KOTOのウォレットはいくつか選択肢がありますが、公式ウォレットは全てのブロックチェーンをダウンロードする必要があるため、安全性が保たれている一方、膨大なディスク容量を食い、動作が重いです。公式ウォレットの代わりに、「Electrum for Koto」や「もにゃ」といったブロックチェーンのダウンロードが不要なウォレットがおすすめです。

Electrum for Koto

cpuminerの導入

まず下準備として必要なパッケージをインストールします。すでにインストール済みの場合は不要です。

sudo apt install build-essential libcurl4-openssl-dev autotools-dev automake

次にGitHubからソースコードをgitします。ここでgitしたソースコードは./cpuminerに保存します。

git clone https://github.com/KotoDevelopers/cpuminer-yescrypt/ cpuminer

ソースコードをmakeして、実行ファイルを生成します。

cd cpuminer
./autogen.sh
./configure CFLAGS="-O3 -march=native -funroll-loops -fomit-frame-pointer"
make

これで実行ファイルは./cpuminer/minerdに生成されます。

マイニング開始

いよいよマイニング開始です。アカウント登録不要なマイニングプールもありますので、おすすめします。

./minerd -o stratum+tcp://MINING_POOL_ADDRESS:1234 -u WALLET_ADDRESS.WORKER_NAME

コメントを残す